2017年04月10日

ひろでん(広電の連接車)

hirodencar21.JPG

いろんな車両があって楽しいひろでん(広島電鉄)

3000形

hirodencar22.JPG

西鉄福岡市内線を走っていた車両を1976年に西日本鉄道から購入

hirodencar23.JPG

他の電車と雰囲気が違いますね

3700形

hirodencar24.JPG

愛称は「ぐりーんらいなー」

hirodencar25.JPG

女性の車掌さんも珍しくない広島電鉄

hirodencar26.JPG

戦時中は出征による人手不足で女学校の生徒が電車の車掌や運転士までこなしていたそうです。

3800形

hirodencar27.JPG

これも愛称は「ぐりーんらいなー」

hirodencar28.JPG

製造は1987年〜89年で近代的な印象

3900形

hirodencar29.JPG

これも愛称は「ぐりーんらいなー」

hirodencar30.JPG

愛称も同じ、古くなく新しくもなく連接車の主力車両は違いがわかりにくい
技術的には色んな違いがあるみたいですが・・・

3950形

hirodencar31.JPG

新しいイメージだけど、3900形のモデルチェンジとのこと
見た目は違うけど性能はそうでもない、3700形〜3900形とは逆のパターン

hirodencar32.JPG

愛称は「Green Liner」

hirodencar33.JPG

市電が廃止になった都市や他の鉄道会社から購入した車両もあり、
「ひろでん」は“動く電車の博物館”とも呼ばれているそう。

hirodencar35.JPG

連接車の中でも新しい低床車は次の機会に〜

hirodencar34.JPG

■関連記事
posted by ロレンス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 可視化テーマ(交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする