2007年04月16日

ミシュラン・ガイドブックの星は☆じゃない

麻布十番にあるフレンチ・レストランでのお話から。
ずらっと並んでいるのは、日本でも今秋発行されると話題の「ミシュラン・ガイドブック」



ギド・ルージュ(赤いガイド)。彼方では単に赤本と呼ばれているそうです。古い物は使い込まれていますね。

ちなみに開くと、

1176637408.jpg1176637547.jpg

コマンタレ・ヴー???第二外国語は超低空飛行でも単位さえ取れればいいのです(汗

1176637891.jpg1176637978.jpg

あれっ?

1176637978.jpg

なんと、三ツ星というからかと思ったらお花です!

専務:向こうではこれをetoile(エトワール)、つまり星と呼んでいるんだよ。
ロレンス:じゃあ、秋までに絵文字や記号に追加してもらわないと、ブログが書きにくいじゃないですか!
専務:いいところに気が付いたね、投書したまえ。
ロレンス:投書って、古いですね。誰か見てくれないかな・・・
専務:こんなマイナーなおバカさんブログ、見ているわけないだろう!

ロレンス:でも、結局は、もう一度行きたい度は★★★★よっつ。ヽ( ´ー`)ノ    と同じでなんでしょう?
専務:そうじゃない。。☆はあくまで料理の評価じゃ。
それにミシュラン・ガイドブックに ヽ( ´ー`)ノ はない。
           星はだな、あれっ?星の絵文字はまだないのか?まぁ☆でいいか

☆☆☆ わざわざ訪れる価値がある卓越した料理
☆☆    遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
☆        そのカテゴリーで特に美味しい料理を提供するレストラン

ロレンス:ということは、ジジ飼いさんの もう一度食べたい度は★★★★よっつ。ヽ( ´ー`)ノ と同じでしょうか?
専務:そうかもしれんのう。ただしジジ飼いさんの好みは別じゃ。それにくどいが ヽ( ´ー`)ノヾ(^o^;) もない。

専務:アメニティ・サービス・全体的な施設の維持・快適さ・料理・雰囲気・価格について評価しているのは
           フォークとスプーンが交差しているマークじゃ。
ロレンス:しかし、フォークもスプーンも絵文字がありません!
専務:じゃあ、丸目猫と細目猫にしておけ!

{/丸目猫/}{/細目猫/}{/丸目猫/}{/細目猫/}{/丸目猫/} 豪華で伝統的様式 
 {/丸目猫/}{/細目猫/}{/細目猫/}{/丸目猫/}    トップクラス 
 {/丸目猫/}{/細目猫/}{/丸目猫/}        たいへん快適 
 {/丸目猫/}{/丸目猫/}           快適 
 {/丸目猫/}               割に快適
ロレンス:なるほど。それで、ガイドブックの中身の話はどうしますか? 専務:そういう話は日本語版が出てからにしよう。 ロレンス:えっ!専務フランス語できないんですか?もしかしてフランスに行ったこともないとか? 専務:実はそうじゃ。今回は下記の方々にお世話になったのう。

SPECIAL THANKS TO
faites-meilleurさん
レストラン Les Chouxの皆さん

posted by ロレンス at 00:09| 可視化テーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする