2013年04月03日

ことでん



「ことでん(高松琴平電気鉄道)」

高松城跡・玉藻公園に隣接する高松築港駅は始発駅。

訪問者の私、IruCa(ICカード)は持っていないので切符を購入。



切符を通す自動改札を探していたら駅員さんに声を掛けられました。
よく見ると『自動改札機はICカード専用です』と掲げられています(汗
久々に切符を切ってもらいました。

「ことでん」の線路は標準軌、いわゆる広軌



「ことでん」は各地の私鉄から車両を譲り受けているそうです。

標準軌で譲り受けるとなると…

1300形は京浜急行1000形車両



1304番は昭和五十一年に製造、平成十九年竣工

ここでは標準軌で知られる元京急の車両を見ることができます。

1200形は京浜急行700形車両



1208番は1208番は昭和四十五年に製造、平成十六年竣工

この1200形は「ことでん」初の4枚扉の車両



そのドアから高松城の内掘にかかる鞘橋が見えます。



お堀沿いに走る「ことでん」



電車内から高松城の艮櫓(うしとらやぐら)が見えます。

「ことでん」のイメージキャラクターはイルカの「ことちゃん」



その後、恋人の「ことみちゃん」も登場し八年後に結婚したそうです。
なかなか芸が細かいな〜

途中の駅にはどこか懐かしい光景



今ではほとんどなくなりましたが、
かつては城南地区にもたくさんあった駅構内踏切。



京急の車両や構内踏切など親しみを感じる「ことでん」
いつかゆっくり訪れて、いろいろ見たいなぁ〜

ホームのベンチには座布団。地域密着系のサービスを実施しているようです。


posted by ロレンス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 可視化テーマ(交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

東京駅丸の内駅舎【2】外観・周囲



東京駅丸の内駅舎
保存復原 2012年10月完成!



2007年5月30日に起工式を行い工事着工。



丸ビルのレストラン、窓際は争奪戦らしいのですが
写真を撮るなら丸ビルにある展望できる外部テラスが手軽。



それなりに人気スポットですが、たいていの人は長居をしないので
少し待っていれば撮影できます。



手すりにカメラを固定すればコンデジでも夜景がそれなりに撮れます。



夜もそれなりに人がいます…



今回の保存復原工事の象徴は、八角錐から丸い屋根に復原された南北のドーム。



丸の内北口・南口はそのドーム内にあります。



華やかなで人の多い南北口に比べると丸の内中央口は小さくて地味。



でも、中央口を出た近くには人気スポットがあります。



人気撮影スポットのひとつは東京ステーションホテルのエントランス



以前の東京ステーションホテル、泊まったことはありませんが利用していました。
落ち着いていて、というかそこにレストランやバーがあることを知らない人も多かった
東京ステーションホテル、今回のオープンでメジャーな存在になるんでしょうね。



記念撮影の人気スポットは天皇陛下や国賓が車をつける御車寄せの前。



「御車(みくるま)寄せ」や貴賓玄関が人気というよりも
「東京駅」と刻まれた石碑の後に立って石碑と一緒に写真を撮るのが人気なんです。



第二次世界大戦中に空襲を受け、屋根等を焼失。その後の修理で八角錐だった
南北ドームは既存部分を可能な限り保存・活用して創建時の姿に復原されました。


東京駅丸の内駅舎【1】ドーム
posted by ロレンス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 可視化テーマ(交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

東京ゲートブリッジ【2】




城南地区からも近い東京ゲートブリッジ、2012年2月12日に開通。

江東区立若洲公園の駐車場に車を停めてゲートブリッジへ向かいます。



防波堤を兼用する海釣り施設で多くの人が釣りを楽しんでいるのが見えてきます。



その手前にある若洲側昇降施設から橋上の歩道部へ上ります。



階段もあるけどエレベーターで昇ります(エアコンも効いているし)



最上階は展望台になっています。その一階下が歩道への出入口。



歩道からは東京タワーや東京スカイツリーが見えます。



直線距離で一割ほど近い東京タワー、スカイツリーの巨大さがわかります(同じ倍率で撮影)



都心側は雲が多いけど、反対側は晴れていました。



東京ディズニーランドも見えます。



船の科学館から見えた御座船「安宅丸」、ゲートブリッジを通過する航路があります。



歩道は都心サイドの片側のみ。自転車の乗り入れは不可。



中央防波堤側には降りられないので戻るしかない。



若洲側昇降施設前には飲み物・かき氷などを販売する売店があります。



これは東日本大震災で江東区の東雲住宅に避難されている「東雲の会」(東雲住宅避難者の交流組織)が中心となって運営する売店だそうで、江東区HPによると11月中旬までの営業を予定しているそうです。



ここにいると、羽田へ向かう飛行機に見入ってしまいます。




最新鋭のB787や外国の航空機も飛んできます。



もっと近くで見たいなら橋の向こう、中央防波堤側の方が間近に見えます。



ただし中央防波堤側昇降施設は閉鎖されています。



コンデジでも画面に収まりきれないくらい!(トリミングなし↓)



機体に描かれた体操の内村航平選手も見えます。



東京ゲートブリッジ【1】

江東区立 若洲公園
江東区若洲3-2-1
posted by ロレンス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 可視化テーマ(交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする